米子歴史浪漫プロジェクト


トップページ > 米子城の年表

米子城の年表

■15世紀後半

砦
15世紀後半
この頃、飯山山上に城が築かれたとされる。


■吉川時代

吉川時代
1591年
吉川広家、米子城天守閣の建築にとりかかる。
朝鮮出兵などで城の工事は途絶えがちになるが、どうにか天守閣だけは完成する。

[米子城人柱伝説編]

 
1600年
関ヶ原の戦いおこる。
吉川広家は未完成の米子城を残し、改易となった主家の毛利氏に従って周防岩国へと移る。

■中村時代

中村時代
1600年
中村一忠、駿府より十八万石で米子藩主となる。
[米子城築城編]

[お梅ちゃん登場編]

 
1602年
吉川時代の四重櫓の隣に四層五階の天守閣が完成する。
  [内膳風雲編]
 
1603年
米子騒動起こる。
  [米子騒動編]
 
1609年
中村一忠、急死。一忠に嗣子なしとして、中村家は断絶。

■加藤時代

加藤時代
1609年
加藤貞泰、六万石で米子に入る。

 
1615年
大阪夏の陣にて、豊臣家滅亡。
この頃、中江藤樹、祖父に付き添い米子へ移る。
  [藤樹くん登場編]
 
1617年
加藤貞泰、六万石で伊予大洲へ移る。
  [藤樹くん望郷編]

■その後

その後
1617年
姫路池田氏が鳥取へ移封となり、米子城は家老の「池田由之」の預かりとなる。
2年前に一国一城令が発せられていたが、米子城は破却の対象とはならなかった。
 
1632年
鳥取藩・岡山藩国替えにより、米子城は家老の「荒尾成利」の預かりとなる。
以降、荒尾氏が代々の米子城主となる。
 
   ・
 ・
 ・
 
1875年
城は払い下げられ、その後風呂屋の焚き木になる。